いまかえる聖なる勇士

いまかえる聖なる勇士

みよ いまかえる
聖なる勇士
吹けや 角笛
ならせや 太鼓

みよ いまかえる
聖なる勇士

みよ いまかえる
聖なる勇士
棕櫚の葉かざし
どよめき 歌い
迎えん いざ いざ
栄(はえ)ある人を

解説

表彰状授与のときによく流れる曲なので、ほとんどの方が聞いたことがあるのではと思います。
オラトリオ 『ヨシュア』 と 『ユダス=マカベウス(マカベウスのユダ)』 の第三幕で歌われる有名な合唱曲です。
オラトリオの内容は、イスラエルの英雄マカベウスのユダがシリアとの戦いに勝利をおさめ、 ユダヤ民族を救ったという旧約聖書の一説に基づいた物語で、
この曲はその第3部、人々がその勝利の英雄を迎える場面で歌われます。
ベートーベンがチェロのために書いた 『ヘンデルのユダス・マカベウスの主題による変奏曲』 でも有名です。
現在では賛美歌、『シオンの娘よ、よろこべ “Tochter Zion”』 として取り入れられており、日本の讃美歌にも第130番として収録されています。
「シオンの娘・・・」の歌詞は、19世紀にエッシェンブルクという人がつけたものですが、旧約聖書のゼカリア書第9章9節からとられていて、 「メサイア」のソプラノ・アリア “Rejoice” と同じです。
旋律は「マカベウスのユダ」から、歌詞は「メサイア」からと、ヘンデルの2大オラトリオを融合させた歌曲となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です