TOP

昭和31年から平成12年まで(44年間)存在した、変声期前の少年たちの天使の歌声の合唱団でした。

指導は、当時金沢大学助教授だった、石本一雄により主宰され、44年の間、精力的に指導に明け暮れた。その為か、後継指導者がいなくて、師の死とともに自然解散した。

しかし、指導した少年たちは、市内はもとより、全国で活躍をしている。

7年前、師の13回忌に「恩師を偲ぶ会」が開かれ、少年の頃の共通の思い出に浸ったものです。

かっての少年も、70歳を超えるものもおり、次の法事まで待てない。

7年前に会を企画した、押田さんが今回も皆に声をかけ、駅前のANA CROWNに集合した。

これを、機会に教え子たちによる、会合や飲み会も提案された。

僕は、残っている紙の資料や写真を電子化し、PCやスマホからそれらを参照できるホームページを自宅サーバーで立ち上げることにした